篠崎竜大設計事務所=プロジェクトB

001.JPG002.JPG003.JPG004.JPG005.JPG
006.JPG007.JPG008.JPG009.JPG010.JPG
011.JPG012.JPG013.JPG015.JPG016.JPG
017.JPG018.JPG

廃校になった学校のグラウンドに建つ、特別養護老人ホーム。 周囲ののびやかな景観から突出しない静かな佇まいとなるよう計画しました。 施工性を上げ、コストを抑えるために単純なプラン、合理的な構造計画としています。 シンプルな勾配屋根による深い軒が建物の陰影をつくり、夏の日射しをやわらげます。 暗い印象にならないよう適度な広さの中庭を2ヶ所設け、内部に十分な光と風を取り込みます。 住居部分では住宅のスケール感を残すよう、大きすぎないリビングルームとし、部分的に木を使用、照明計画とともに落ち着きのある場所づくりを目指しています。

2015年1月竣工
老人ホーム
長崎県壱岐市
RC造2階
延床面積 4039㎡